今の流行着物とは?

和服

近年、技術の進化により着物の種類は一段と増えました。若い人の好みに合うように、柄や色使いも工夫されています。
流行の色としては、赤色などの暖色です。赤色は日本人の肌の色によく合うと言われております。またピンク色なども人気があり、ピンクは女性らしく可愛らしい印象になります。
着物の柄は、大きく分けて古典柄・新古典柄・モダン柄の3つがあります。古典柄は昔ながらの伝統的柄で、 花や鳥、扇、宝物などといった模様です。新古典柄は古典柄を可愛らしくした感じの柄です。モダン柄はバラなどの洋花や、幾何学模様といった 個性的な柄が多いのが特徴です。他にも蝶や猫などをモチーフにした可愛らしいものから、ヒョウ柄などクールなものまで、たくさんのデザインがあります。また、広瀬すずや田中里奈、玉城ティナ、大島優子などの芸能人やモデルがプロデュースした着物も人気があります。

着物を着る際にはヘアセットにも気を配ってあげると、素敵に着こなせます。やはり着物姿にはアップスタイルが基本。大人っぽくみせたい場合は夜会巻き、クールな印象にしたい場合はポンパドール、可愛い印象にしたい場合は低めに編み込みなどが良いでしょう。ショートヘアーの人はお花などのヘアアクセサリーやかんざしを付けるだけでも良いと思います。袴に似合うのは、ハーフアップなんてよく言われています。

様々な種類の着物

女の人

礼服からおしゃれ着まで、様々な種類がある着物。小紋や留袖、振袖など、着るべきシーンなども合わせて詳しく説明いたします。

詳細はこちら

着物は日本の伝統

着物姿

日本の伝統文化のひとつでもある「着物」。着物の発祥から現在までの変化、日本人にとっての着物のあり方について説明いたします。

詳細はこちら

おすすめ関連サイト


手軽なサービスの登場

京都の着物

敷居が高いと思われがちな着物ですが、レンタルという手軽なサービスが登場しています。着物れんたるの発展により、昔よりもずっと身近に着物を感じられるのではないでしょうか。

詳細はこちら